妬みや些細なできごとが思わぬいざこざに発展。証拠をつかみ、適切に対処しましょう。
生活スタイルや価値観の異なる人々が密集して暮らしている現代において、ご近所トラブルは珍しいことではありません。
一方的な妬みや些細なできごとが、思わぬいざこざに発展することがあります。

我慢を続けてストレスを溜めるよりも、確かな証拠をつかみ、適切に対処することで解決します。

多発するご近所トラブル

多様な人が、それぞれの生活スタイルや価値観で暮らす現代。密集した住宅環境もあいまって、ご近所とトラブルになることが増えています。原因は常識を欠いた生活習慣や、一方的なひがみや妬みのほか、些細なことをきっかけにした思い違いやコミュニケーションの不具合などが挙げられ、そこから思わぬいざこざに発展することもあります。

ご近所トラブルの例
  • 隣人が夜中でも大音量で音楽を聞いている。
  • 向かいの住人がこちらをいつも監視している。
  • マンションの下階の人から過剰なクレームが来る。
  • 近所の人がありもしない噂を言いふらす。
  • 隣家の子どものいたずらが一向に直らない。
  • 誰かにゴミをあらされている。
  • 土地の境界問題で争っており、嫌がらせを受けている。
確かな証拠と第三者の介入が解決のカギ

度重なる騒音や心無い言動などのトラブルに、イライラやストレスが募ると思いますが、直接、苦情を言うのは避けた方が無難です。隣家や上下階の騒音に対し、壁や床を叩くことで抗議するのはもってのほかです。相手の神経を逆なでし、事態を悪化させかねません。

客観的な証拠のないまま当事者同士で交渉しても、感情的ないさかいになり、前向きな解決に至らないことがほとんどです。ただ、我慢を続けていても、トラブルが自然消滅することはほとんどありません。

まずはトラブルの証拠を押さえることをお勧めします。

その上で、警察やマンションの管理会社、民生委員などの第3者の力を借り、場合によっては法的手段に訴えることで、トラブルを解消しましょう。調査によって客観的な記録を取れば、公的な機関も対応がスムーズですし、訴訟の際の証拠にもなります。

調査・対策はプロにお任せください

ご自身で証拠を集めるとなると、時間や機材などの制約があるでしょうし、もし相手に知られればエスカレートする可能性もあります。
私たちはプロとして、 特殊記録機材などを使った的確な証拠収集や対策によって、あなたの安全・安心を守ります。
トラブルの原因や相手が特定できない場合でも調査を行い、証拠を掴みます。
早期解決のため、まずは私たちにご相談ください。

金銭的な問題も相談にのらせて頂きます

金銭的な問題についても提案や対策を考えさせていただきます。

最近では、防犯カメラ等も低価格になり、そうした機材を使用することによって低価格で解決できる事もあります。
また、調査に要した費用も民事請求で請求し、慰謝料・損害賠償と合わせて相手に支払わせる例も多数あります。
必要に応じて信頼する優秀な弁護士をご紹介し、弁護士・当社がタッグを組み、お客様をサポートいたします。」

防犯カメラによる対策のご提案
当社では、防犯カメラの設置も行っております。
お客様と打ち合わせ後、設置したい場所に合わせた機材を提案・見積り致します。
犯人に心当たりがある場合は、防犯カメラで犯人の顔・犯行現場を撮影して証拠としたほうが、探偵に調査を頼むより安く上がる場合がございます。
犯人に心当たりが無い場合も、防犯カメラの設置により、犯人が警戒して嫌がらせを止めさせることができる可能性があります。

詳しくは、 こちらのサイトをご参照ください。